関西北陸3泊4日旅行~京都・石川・岐阜・滋賀~

3泊4日で京都・金沢・白川郷・琵琶湖を満喫旅!!!

 会社の連続休暇を利用して、3泊4日で関西・北陸を周遊してきました。

 私の会社では、5営業日連続で休暇をとることが義務付けられています。

 なので、月曜日から金曜日にその休暇をとると、9連休となります。

 土日月火水木金土日(青字部分で休暇取得、赤字部分は元々休日)

 

 いつもなら、この期間を利用して海外旅行に行くのですが、

 今年はコロナで海外旅行には行けないので、国内旅行へ行ってきました。

 国内旅行で長期間の旅程を組むことはあまりありませんが、

 どうせ海外旅行で使うつもりだったしと、お金を惜しまず

 国内をたっぷり満喫するするスケジュールにしました!

 

 本当は海外に行きたいのに・・・という気持ちで行った関西・北陸旅行

 ・・・めちゃくちゃ最高でした!!!

 「灯台もと暗し」とはこのことですね。

 日本ってこんなに素敵だったんだと再確認しました。

 

 海外行く前に日本の良さにもっと気付かなきゃと感じた旅行でした。 

 

 

 

周遊ルート

 1日目:福岡(新幹線:3時間)→京都

 2日目:京都(サンダーバード:2時間半)→金沢

 3日目:金沢(レンタカー:1時間40分)→岐阜(レンタカー:1時間40分)→金沢→京都

 4日目:京都(JR:40分)→滋賀(JR:40分)→京都(新幹線:3時間)→福岡

 

 九州在住で、このスケジュールですので、関西圏等に住まれている方は

 もっと短い日数で周れると思います。

1日目 宇治・伏見稲荷

 AM8:00

 まずは新幹線で福岡から京都へ移動。

 これから始まる5日間にわくわくです。

 

 AM11:00

 京都駅到着。

 まずは京都駅近くの「京都勝牛」さんでランチです。

 (移動って何もしていないのに気づいたらお腹すいてる…

 だけどほんとになにもしてないのよ…)

 

f:id:izuhei:20201224134639j:plain

  レアさが丁度よくて絶品!

  ソースに塩におろしにカレーにとたくさんの味で楽しめます。

  

 

  PM1:00

  次なる目的地「宇治」へ移動。

  

  「宇治」は抹茶の聖地。

  お抹茶のお店がいたるところに並んでいます。

 

f:id:izuhei:20201224135145j:plain

  抹茶アイス、抹茶お饅頭、いろいろあるので、食べ歩きがおすすめです☆

  歩いているとどこからともなく漂ってくる

  ほうじ茶の芳醇な香りもとっても幸せな気持ちにしてくれます。

 

  宇治と言えば「平等院鳳凰堂」です。

f:id:izuhei:20201224135409j:plain

f:id:izuhei:20201224135630j:plain

 

  10円玉でおなじみ。

  初めてきたけど、来た事あるような…そんな安心感があります。

  それだけ我々の日常生活になじんでいるのでしょうね。

 

 

  PM4:00 

  「伏見稲荷大社」へ

  

f:id:izuhei:20201224140146j:plain

  鳥居のスタート地点では、写真を撮る人たちでわらわらしていますが、

  鳥居は頂上までながくながく続いています。

  

  上の方まで登っていると、シャッターチャンスはいくらでもあります☆

  危なくないよう、人が少ないところで落ち着いて撮りましょう。

 

 

f:id:izuhei:20201224140523j:plain


  ここで肝試ししたら最強に怖そう…

 

 

  そしてここが頂上。

  頑張って登ったのでこころなしかいつもより願いが叶いそうな気がします。

f:id:izuhei:20201224140734j:plain

 

2日目 金沢

  以前金沢へ行こうと京都まで来ていたのですが、大雪でサンダーバードが止まってしまい行けず…

  念願の金沢です!

 

  AM8:00

  サンダーバードに乗って金沢へ。揺られること2時間半。

  到着です!

  よく見かける立派な鼓門。

f:id:izuhei:20201224152515j:plain

 

  まずは近江市場で腹ごしらえ!

  (移動ってやっぱお腹すく…)

 

  駅からバスで10分程度でこんな立派なカニたちに会えます!!

f:id:izuhei:20201224152906j:plain

 

  私がこの旅一番の衝撃の出会いだったのが…こちらの「ガス海老」です!

f:id:izuhei:20201224153048j:plain

  (写真右手)

 

  このガス海老、冬から春にかけてとられるもので、

  「甘エビより甘くておいしい」と地元の人に愛されているのだそう。

 

  こんなにおいしいのになぜ出回っていないのかというと…

  鮮度が落ちるのが非常に早く、流通させるのが難しいからだそう。

 

  有名なカニやおでんを目標に行った金沢ですが、個人的にこの「ガス海老」が

  おいしすぎて本当に衝撃でした!!

  是非是非食べてみてください。

  

 

  PM1:00

  おいしい海鮮を満喫して、「21世紀美術館」へ。

 

  ところが…閉館でした。

  ので外側だけ。

  

f:id:izuhei:20201224153859j:plain



f:id:izuhei:20201224153733j:plain

f:id:izuhei:20201224154022j:plain

 

  外側と、無料ブースだけでも十分楽しかったのでよかったですが…

  「21世紀美術館」、月曜日は休館です!!

  行かれる方は気をつけてくださいね~

 

  PM3:00

  兼六園

 

  驚いたのが、21世紀美術館兼六園ってほぼ隣にあるんですね。

  金沢、とっても観光しやすい街です。

 

f:id:izuhei:20201224160155j:plain

f:id:izuhei:20201224160206j:plain

f:id:izuhei:20201224160217j:plain

  

  どうせなら冬の雪に染まった兼六園をみたかったな~なんて思っていましたが、

  素敵です。秋の兼六園

 

  赤に染まった紅葉に、もの寂しげなススキ…

  これらが絶妙なバランスで配置されています。

 

  どの季節に訪れても、どのタイミングで訪れても、

  心落ち着くように計算されているんでしょうか。脱帽です。

  

 

  PM6:00

 

  金沢おでんのお店「高砂」さんへお邪魔してきました。

 

f:id:izuhei:20201224160858j:plain

 

 6時に到着したら、10人くらい並んでいて、40分ほど待ちました。

 

f:id:izuhei:20201224160909j:plain

 

  活気あふれる店内です。

  おすすめのおでん盛り合わせをいただきました。

f:id:izuhei:20201224161102j:plain

f:id:izuhei:20201224161112j:plain

 

  くぅ~しみるーーーー。

  とっても優しい味で、心までほっこり温かくなるような感じでした。

  だけど、濃味が好みの方は少し物足りなく感じるかも…?

 

 

f:id:izuhei:20201224161301j:plain

  香箱カニ。1杯1000円です。

 

  …おいしい!!!

  癖がなく、だけどうまみがしっかり詰まっていて…幸せな時間です。

  身を食べた後は、熱燗を入れてくいッと!

  うまーーーーーい。。

 

  こんなに美味しいものを食べていると人に優しくなれそう。 

  ごちそうさまでした。

 

3日目 岐阜

  レンタカーを借りて白川郷へ出発です!!

  アクセスが悪い白川郷ですが、

  金沢からであれば意外と車で2時間かからず行けちゃいます。

  金沢まで旅行にきたら、白川郷まで一足のばしてみることをおススメします!

 

  AM9:00

  金沢駅でレンタカーを借ります。

  知らない土地でのドライブはわくわくしますね!

 

  一時間半ほどで「道の駅 白川郷」に到着します。

f:id:izuhei:20210109173011j:plain

  よくある道の駅とおなじような感じで、

  特筆すべきなにかがあるわけではありませんが、

  「白川郷」の文字と、「藁葺き屋根」にテンションがあがります!

 

  さらに運転すること15分ほど…

  白川村に到着です。

  観光客は、車は「村営せせらぎ公園駐車場」に停めます。

  1回1000円かかりますが、世界遺産の村を観光するのに入場料もいりませんし、

  それほど高いわけではないと思います。

 

  橋を渡って村へ入ります。

f:id:izuhei:20210109173744j:plain

 

  村へ入ると…

  おぉー!教科書で見る景色です!!

f:id:izuhei:20210109173915j:plain

  

  さるかに合戦のよう。  

f:id:izuhei:20210109174245j:plain

 

  景色を楽しみながら、展望台目指して歩きます。

  展望台までは、村に入って20分ほど歩けば到着します。

  11月中旬の展望台からの眺めはこんな感じ。

 

f:id:izuhei:20210109174525j:plain

  これはiphoneカメラですが、展望台ではカメラマンの方が記念撮影をしてくださいます。

  夏の青々とした白川郷も、冬の雪景色の白川郷もきれいなんだろうなあ…

 

  昔にタイムスリップしたようで、これがセットのようなつくりものでないことに驚きを隠せません。

  

 

  PM1:00

  金沢までの帰路に奥飛騨を経由して帰ります。

  奥飛騨には、昔ながらの街並みが残されていて、ここでも風情を感じることができます。

 

f:id:izuhei:20210109175832j:plain

  「金沢→白川→奥飛騨」、そんなに走行距離もながくなく、

  なんて盛りだくさんなルートなんだと思いました…!

 

  PM5:00

  白川郷奥飛騨を満喫したあとは、サンダーバードに乗って京都へ帰ります。

  すばらしい一日をありがとうございました!!

4日目 滋賀

 

  京都から滋賀までは、一番近い駅でなんとJRで15分で行けちゃいます。

  今回私たちが目指したのは、おしゃれなカフェ、上から琵琶湖の眺望を楽しむことができる「琵琶湖バレイ」・「琵琶湖テラス」です。

 

  車で行くのが便利ですが、JRと無料シャトルバスを利用していくこともできます。

  無料シャトルバスは、約30分ごとに出ていました。

 

  「琵琶湖バレイ」・「琵琶湖テラス」の最寄駅「志賀駅」までは京都からJRでおよそ40分です。

 

  ちなみに、琵琶湖バレイはロープウェーでいける展望台やその周辺の施設全体のこと、琵琶湖テラスは琵琶湖バレイの一部にあるカフェのことを指していますので、琵琶湖バレイも琵琶湖テラスも同時に行けます!(私たちはなにがどれなのかわからなくて、琵琶湖バレイがなんなのか、琵琶湖テラスと琵琶湖バレイは同時に行けるのか等々リサーチに時間がかかりました。。。)

 

  PM10:00

  琵琶湖バレイ到着

f:id:izuhei:20210125182448j:plain

  ちょ―――――――絶景!!!

  滋賀いくか迷ったけど、滋賀来てよかった!!!!!
  

  PM11:00

  琵琶湖テラスで昼食。

 

  会計の時にテラス席で食べるか、店内で食べるか聞かれます。

  テラス席の場合、会計時に店員さんに番号札を貰って順番まちします。

  店内の場合も、店員さんに番号札を渡され、その番号の席で食べます。

f:id:izuhei:20210125182758j:plain

 

  琵琶湖テラスの食事はメニューはあまりなく、値段も観光地価格でお高め。

  ジェラートもおいしそうだったので、食事は別でしてきて、ティータイムに来るのがいいかもしれませんね。

  私たちは店内でサンドを食べました。

 

f:id:izuhei:20210125183157j:plain

  今思えば味はそこそこでしたが、

  雰囲気がとてもよく、景色もこんなに絶景だと思わなかったので、

  終始ニッコニコで過ごしていた気がします笑

 

  琵琶湖バレイには遊具もたくさんあります。

  子連れが楽しいのはもちろん、大人たちも楽しめます。

f:id:izuhei:20210125183640j:plain

 

  PM2:00

  琵琶湖バレイを満喫して、滋賀から京都へ戻ります。

 

  PM3:00

  この旅の移動もこれで最後。

  京都から福岡へ新幹線で帰ります。

 

 まとめ

これにて周遊旅行終了です。

九州はやはり島なので、九州以外の県に行くのは少しハードルが上がるんですが、

 

関西⇔北陸間をこんなに気軽に旅行できるんだと驚きました。

 

そして、国内にもこんな絶景があるんだと驚きの連続でした。

コロナが収まるまで、もうしばらく国内旅行を楽しみたいと思います。